ダイエット成功の方法と秘訣!糖質ダイエット ≫ 糖質制限ダイエット中の停滞期!乗り越えるためのポイントはストレスにしない。

糖質制限ダイエット中の停滞期!乗り越えるためのポイントはストレスにしない。

スポンサーリンク

糖質制限をしていてなかなか体重が落ちない、停滞期の壁にぶつかることがあります。
どんなダイエットにも停滞期はあって、そこで乗り越えられるか乗り越えられずに挫折してしまうかの差が出てきます。
糖質制限ダイエット中に停滞期にぶち当たっても、焦らない・ストレスにしない、乗り越え方をご紹介します。

58.jpg 

糖質制限中の停滞期とは


第一に体重が減らなくなる


糖質制限の停滞期における主な症状は、体重が減らなくなることです。
体重が減らないため、過度にダイエットをする人もいるかもしれませんが、そこは無理をしてはいけません

ストレスから暴食に合はあ知ってしまいがちで逆に体重が増えてしまうかもしれません。
焦らずに、ゆっくりと糖質制限ダイエットを実践しましょう、それが大切なのです!

体重は極端に減らしてしまうと身体に負担がかかります。身体に負担をかけないようにゆっくりと体重を減らしましょう。糖質制限ダイエット中に停滞期に入っても焦らない事!それがストレスになるのです。

糖質の多い食事に手を出す。


糖質制限を初めて、最初のうちは糖質を我慢できても、身体が甘いものを浴してきます。
この欲求に打ち勝つことで、糖質制限ダイエットが実践できるわけですが、時には甘い誘惑に負けて糖質の多い食事に手を出すことがあります。

スーパー糖質制限中に気を付けたいのですが、まったく糖質を取らないのではなく、必要な糖質は取るようにしましょう。
毎日少しづつ糖質を摂取することで、極端に糖質の多い食事に手を出す、甘い誘惑に勝つことが出来ます。

自分に無理な負担をかけると後々きつくなってきます。
自分と相談してきつくならないようにしましょう。

モチベーションが下がる


糖質制限ダイエットを始めたきっかけは何できたか?
ダイエットや健康になる事、素敵な服を着ること等等、何かしらの目標があったはずです。

始めのうちは目標に向かってやる気満々なのですが、時間がたつにつれてそのモチベーションも下がってきます。
糖質制限ダイエットを実践するうえで大切なのはモチベーションンの維持です。

モチベーションを維持するためには小さな目標を立てることから始めると維持することが出来ます。
いきなり1か月に10キロ痩せるとか目標を立てるのではなく、マイナス5キロ、次の月にもマイナス5キロと始めに立てた目標に向かって、小さなポイントを設定するだけでもモチベーションはかなり変わってきます。

59.jpg 

糖質制限の停滞期が起こる理由


満足できる結果が出ない


糖質制限を始めた時には目標があります。
頑張って糖質制限をしても、その目標に到達しないと挫折してしまって、満足出来る結果が出ず、モチベーションが下がってしまって、停滞期に入ってしまいます。
初めからすべて上手く行くと過信してしまわないことも大切です。

ホメオタシスの影響


ホメオタシス」をご存知ですか?
糖質制限ダイエットを始めて体重が落ちると嬉しいものですが、体の中では一大事と思っています。
このように糖質に制限がかかって知らない間に危機感を持っているのです。
それを「ホメオタシス」と言います。

この場合は糖質制限ダイエットに慣れてくれば停滞期も自然と抜けていきます。

ストレスから食べてしまう。


食べたいものを食べることが出来ないのはストレスです。
糖質制限ダイエットやダイエットをしている人がぶつかるのは、食べたいものを抑えていることからくるストレスです。
ストレスが極限まで達して暴食に走ってしまうと、今までの苦労が水の泡になってしまいます。

いきなり極端に糖質制限ダイエットを始めるのではなく「ロカボダイエット」の様に緩やかに始めるのもダイエットのコツかもしれません。

ロカボダイエットとは・・・

aq5.jpg 

糖質制限ダイエットの停滞期を乗り越える方法。


目標の体重を下げる


糖質制限ダイエットの停滞期を乗り越える方法として、目標の体重を下げることが挙げられます。
停滞期に陥りやすいのは目標通りに体重が減らない事にあります。

どんなことでも目標を高く持つことは大切ですが、高すぎるとやる気を失う原因にもなります。

停滞期になっている場合は、これまで立てた目標を見直すのもいいでしょう。

チートデイを設ける


糖質制限ダイエットの停滞期を乗り越える方法として、次にチートデイを設ける方法があります。

チートデイとは糖質制限で食べたいものを我慢している毎日の中に、たくさん食べる日を設けることです。

我慢して暴食に走るよりあらかじめ食べることのできる日を設けておいた方が暴食に走りません。
停滞期に限らず糖質制限ダイエットを始めるときにはチートデイについても考えておくと始めやすいかもしれません。

運動量を増やす


体重が減らないのはエネルギーが効率的に使われていないことが原因の一つです。
エネルギーが効率的に使われていけば糖質を減らす事が出来ます。

エネルギーを効率的に減らすのはやはり運動です。

糖質制限ダイエット中でも運動は大事です。
軽いジョギングやウォーキングだけでも十分に糖質を減らすことが出来ます。

糖質制限中だからと言うだけでなく、日常生活の中に取り入れるだけでも、痩せやすい身体作りが出来ます。

基本に忠実になる


これが糖質制限中の停滞期を乗り越えるのに一番大切かもしれません。

糖質制限ダイエットの基本は一日に摂取する糖質の量を減らすことですが、生活が乱れていると糖質制限ダイエットをしていても脂肪がつきやすくエネルギーの消費も落ちてしまいます。

糖質制限をしているときは基本に忠実になる事を意識しましょう。

ai4.jpg 

いかがでしたか?


糖質制限ダイエットをすることで停滞期に陥ることは仕方のないことです。

停滞期はストレスからリバウンドすることもありますので、リバウンドしない為にもチートデイを設けたり目標の見直し・ストレス解消のための間食メニューなども考えましょう。

糖質制限ダイエットをすることで、身体の変化が起こるのはしばらく後になります。

ダイエットが目的なら、直ぐに痩せようとするのではなく、長期的なプランを立てることも大切なのかもしれません。

スポンサーリンク

-->

スポンサーリンク

プロフィール

龍神

Author:龍神
こんにちわ!!龍神と申します。
ある日、友人との温泉旅行で何気なく乗った体重計の数値に
あまりにも驚いてしまい。一大決意でダイエットを始めました。
2か月で-8キロの減量に成功しました。それからはゆる~~く実践しています。
そんな私が経験したダイエットと成功したダイエットの方法と秘訣。
ダイエットの情報をお届けしたいと思います。





運営者:龍神

カテゴリ

ダイエットの方法 (10)
地中海式ダイエット (1)
糖質ダイエット (4)
ロカボダイエット (1)
ファスティング(断食) (2)
ダイエットの情報 (17)
ダイエットミニミニ情報 (2)
未分類 (0)
プライバシー・ポリシー (1)

サイト内検索

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR