ダイエット成功の方法と秘訣!ダイエットの情報 ≫ 糖質制限ダイエットに食べ過ぎてしまった時には翌日リセット!!

糖質制限ダイエットに食べ過ぎてしまった時には翌日リセット!!

スポンサーリンク

糖質制限ダイエット中に仕事やお友達との食事会や飲み会等で自分だけ別メニューというわけにはなかなかそうはいきません。

ついつい食べ過ぎてしまったな~~・・・
なんて反省した日には翌日にリセットしましょう!!

24.jpg 

翌日しっかりケアーすることである程度はリセットすることができます。

食べ過ぎた原因を知って、
増え過ぎた体重を知セットする方法を抑えておくといざという時に安心です

リセットする方法


体重増加の原因は水分量です。

飲み過ぎたり食べ過ぎたりした翌日に体重が増加していたのは水分量だったのです。
水分はむくみとなって現れることもあります。
食べ過ぎた翌日服がきついな~~なんてこと思った事ありますよね( ^ω^)・・・
その為だったのです。

身体には糖分と塩分に水分をため込む性質がありますので、
食べ過ぎで糖分や塩分を過剰摂取したことにより、体内の水分量が増えているのです。
その為、まずはその水分を排出することが必要です。

断食はしない


食べ過ぎたからと言って翌日断食をするのはNGです。

食べたものを代謝するには、ビタミンやミネラルなど不足している栄養素を補うことが必要になるからです。
消化に役立つ栄養素をうまく効率的に摂取することで、
食べ過ぎによって増えた水分や老廃物を排出し、脂肪としてたまるのを防ぐことができるからです。

ストレッチやヨガで消化を促す


食べ過ぎた場合消化を促すのは栄養素だけではありません。
内臓の動きを活発にすることも効果的な栄養素の排出に繋がります。

ストレッチやヨガをすることで、内臓の動きが活発になります。
無理なくできるストレッチやヨガがお勧めです。
激しい運動ではなく無理のない範囲で体を伸ばすようにしましょう。

食べ過ぎた時におすすめの3つの栄養素


食べ過ぎとは糖分や塩分の増加にかかわる水分量の増加がむくみや体重増に繋がっている状態をいいます。
これらが体脂肪に変わる前に効果的に排出する必要があります。

その為には、消化を促進するビタミンやミネラル、植物繊維などの栄養素を効果的に摂取した方がいいことはもうお判り頂けたでしょう。

食物繊維


食べ過ぎによる水分や老廃物を排出するには腸内環境をよくすることが必要です。
そこで腸内環境の改善に有効な成分が食物繊維です。

葉物野菜やキノコなどに多く含まれる不溶性の食物繊維は、体の水分を吸収して膨らみながら腸内を刺激し、老廃物の便としてのはいおしゅつをサポートします。
一方、海藻やキャベツなどに含まれている水溶性の植物繊維は、水分を保持する粘り気が特徴で、小腸での消化吸収を遅らせるので、栄養素が脂肪になるのを防ぎます。

この二つの植物繊維をバランスよく摂取する事が大切です。

カリウム


水分を排出するのに良い栄夫要素と言えばカリウムです。

カリウムには利尿作用があり体内に溜まった水分をうまく排出できます。
バナナやアボカド、ほうれん草やレタスなどに含まれます。
スムージーにすると胃にも優しく水分補給も出来ます。

ビタミンB群


ビタミンB群は食べ過ぎて体内に溜まった糖質や脂質の代謝を促してくれます。
ビタミンB1は玄米や雑穀米、豚の赤身肉等に含まれており糖質の代謝を促します。
一方、ビタミンB2は青魚やレバーなどに含まれており脂質の代謝を促します。

糖質と脂質の代謝を促せれば食べ過ぎて糖などが脂肪として蓄積される前に排出できます。

食べ過ぎた翌日には糖質を控えめにする


ついつい食べ過ぎてしまうと慌ててしまうものです。
そればかりか、一度の失敗でダイエットを挫折してしまう人も少なくありません。
私もその中の一人でしたが・・・;

食べ過ぎてもその翌日の過ごし方さえ気を付ければ、そんなに致命的なミスにはなりません。
食べ過ぎた翌日には糖質を控えるようにしましょう

無理して朝食を食べない


食べ過ぎた翌日に絶食はいけませんが、無理して朝食を食べなくても大丈夫です。
しかし、水分を取らないと身体が水分をため込もうとして余計太ってしまいますので、水分だけはしっかりと摂取した方が良いです。

可能であれば水分と食物繊維がとれる飲むヨーグルトや、水分とミネラルやビタミンを取り入れることができるスムージー等を朝食とするといいと思います。

主食の量を調整する


食べ過ぎたと思ったら翌日は主食の量を減らしましょう。

お米やパンなどを減らすと、それだけで身体への負担をかけませんので、
食べ過ぎた水分や栄養素を排出することができます。

ご飯を食べるときはビタミンB1を豊富に含む玄米にするといいかもしれません。
主食の量を調整するだけでなくよく噛んで食べましょう。

夜は食物繊維を補給すること


夜寝ているときは消化をするのに良い時です。

その為夜寝ているときに余計なものが排出されて脂肪となるのを防がなければなりません。
食べ過ぎた翌日は腸内環境が荒れがちなのですが、
食物繊維の力を借りてデトックスすればよいでしょう。

16.jpg 

食べ過ぎた時に意識したいこと


食べ過ぎた時にどのようなことを意識すればよいのでしょうか

これは、食べ過ぎた時だけでなく普段から意識しておくことで脂肪の蓄積を防いでくれます。
食べ過ぎた時に意識したいことを知っておきましょう。

噛む回数を増やす


まずは噛む回数を増やすことです。
空腹や満腹は脳からの指令で起こる感覚だと言われていますので、
早く満腹感を得られればそれだけ食べ過ぎを防げます。

噛む回数は1回30回程度にしましょう。そうすることで満腹中枢が刺激されるからです。
30回と言うと大変な数字の様に思えますが、まずは習慣化してみることが大切です。

腹八分目を目指す


お腹いっぱい食べてしまうとつい食べ過ぎになってしまいます。
その為、普段から出来ることとしては腹八分目を目指す事です。

普段から腹八分目にしておくと、少しくらい食べ過ぎたとしてもリセットするのが簡単だからです。
普段から腹八分目でやめておく習慣を身につけておきましょう。

1日の活動量を上げる


ついつい食べ過ぎてしまう人は、日常の行動を少し工夫する事で1日の活動量を上げてみましょう。
特に食べ過ぎた翌日には、
運動を取り入れて代謝を上げてエネルギーを消化しやすくすることが大切です。

例えば、エレベーターを止めて階段を使う、1駅分歩く、部屋でストレッチをするなど、
意識的に身体を動かすのが良いです。

運動が苦手な人におすすめなのがヨガです。
ヨガはリラックス効果があり 副交感神経を優位にします。
その為、リラックスをすることができ、
ストレス解消になるだけでなくスムーズな消化や代謝につながるからです。

ai4.jpg 

いかがでしたか


ついつい食べ過ぎた、そんな風に後悔するかもしれません。
しかし、翌日にちょっと気を付けるだけでリセット出来るのです。

食べ過ぎてからすぐに体重が増える。
これは余分な水分量と考えて良いので、消化を促進する栄養素、
特に利尿作用のあるカリウムなどを積極的に撮りましょう

ビタミンやミネラルの摂取、ヨガやストレッチによる運動で食べたものが吸収される前に排出しましょう。
食べ物だけでなく、食べ過ぎた翌日にこそ運動をして活動量を上げましょう。
ヨガやストレッチ・ウォーキング等簡単なことでよいので、是非始めてみてはいかがでしょうか。





スポンサーリンク

-->

スポンサーリンク

プロフィール

龍神

Author:龍神
こんにちわ!!龍神と申します。
ある日、友人との温泉旅行で何気なく乗った体重計の数値に
あまりにも驚いてしまい。一大決意でダイエットを始めました。
2か月で-8キロの減量に成功しました。それからはゆる~~く実践しています。
そんな私が経験したダイエットと成功したダイエットの方法と秘訣。
ダイエットの情報をお届けしたいと思います。





運営者:龍神

カテゴリ

ダイエットの方法 (10)
地中海式ダイエット (1)
糖質ダイエット (4)
ロカボダイエット (1)
ファスティング(断食) (2)
ダイエットの情報 (17)
ダイエットミニミニ情報 (2)
未分類 (0)
プライバシー・ポリシー (1)

サイト内検索

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR