ダイエット成功の方法と秘訣!ダイエットの情報 ≫ ダイエットに運動は必須!!簡単おススメ~5選~

ダイエットに運動は必須!!簡単おススメ~5選~

スポンサーリンク

ダイエットをしている人にとって運動は必須です。
食事制限だけでダイエットをしていると筋肉量が落ちてしまい
代謝が悪くなってしまうので、結果減量の速度が遅くなってしまいます。

理想は、筋肉をつけながら余分な脂肪がなく引き締まった身体。
効率よく脂肪を落とすためにも、筋肉を落とさずに脂肪を減らすためにも筋トレが必要となります。

つまり、理想的なボディラインをつくるためには脂肪を減らす運動と筋肉をつける運動の両方を行うということです。

でも、「さあ、ダイエットのために運動しよう!!」と決めても
なかなか続かないし、何からいつ始めていいかわからないものです。

自分流にやみくもに始めても結果には繋がりません。
毎日凝るコツと続けられる、自宅や室内で手軽にできる運動をご紹介します。

2(9).jpg

運動に最適な時間帯ってあるの??


ダイエットをするうえで、運動が必要なのはもちろん割っているけど
最も効果の出る時間帯ってあるのでしょうか

1日のうちでどの時間帯が効果がいいのか調べてみました。

☆朝は脂質消費の割合がアップします。

朝に筋トレをすると、成長ホルモンやノルアドレナリンんなどの分泌によって脂肪が分解され脂肪酸が血中に入るための、その後、通常の日常生活を送るだけでも、脂肪消費の割合がアップしてダイエットには非常に有利です。

適度に運動すれば身体が目覚め、頭もすっきり冴えて、仕事の効率アップも期待できますよ。


☆昼~夕方は運動効率が高いようです。

人間は朝起きてから体温が徐々に上がり、夕方高くなります。
筋肉を作っていく運動効率を求めるなら、昼から夕方におこなうのが最適です
休日などに運動すると効率がいいですね。


☆夜は運動時間が作りやすいですよね。

夜は時間が取りやすく、運動するには一番現実的な時間帯ではないでしょうか。比較的時間に余裕もあるので、じっくり運動できるのがメリットです。

但し、運動後はゆっくりお風呂に入ってリラックスしてかrあ眠るようにしましょう。


☆結果、自分が運動を無理なく続けやすい時間帯であれば、いつでもいいんです。

じぶんが無理なく続けやすい時間帯であればいつでもOKなのです。
ダイエット効果を出すためには長くつ続けていく必要があるからです。

朝型の人は仕事に行く前に、夜型の人は仕事の後に、昼間から夕方に運動できる人はその時間帯にと、ライフスタイルに合わせて無理なく運動できる時間帯を選びましょう。

スポンサーリンク

簡単にできるダイエットのための運動


簡単スクワット


スクワットをすると太ももやふくらはぎ、だけでなくお腹や背中も引き締まる感じがします。

  1. まず肩幅より少し広めに足を開いて背筋を伸ばして立つ。この時、変に背骨を反らせたり猫背にならないようにまっすぐにする。
  2.  腕をまっすぐ伸ばして前にあげる。
  3.  太ももが床に平行になるまでゆっくり腰を下ろす。
  4. この状態で3秒キープ。膝がつま先より前に出ないように!
  5.  ゆっくり元の状態に戻す。
2(10).jpg
これを10回1セットで、多くても3セットほどで十分です。


フロントプランク


はじめはやってみるっと意外ときついのですが、慣れてくれば1分間にして負荷を増やしてみましょう。

  1. うつ伏せになりましょう。
  2.  手の平を床に、両肘が肩の真下の位置にくるようにして、上半身を起こします。スフィンクスのような状態で肘から手の平で体を支えるような形です。この時、左右の手のひらが近すぎないように気を付けてください。
  3.  続いて下半身です。脚を伸ばしてまっすぐに保ちながらつま先を立てます。
  4.   肘から先とつま先だけが床についている状態です。視線は斜め前方向に向け、浮いている体が一直線になるようにキープしましょう。
2(11).jpg
普段から運動不足を感じている人やプランク初心者は無理をせずに自身の筋肉量に合わせて出来るところから始めるのも成功のコツですよ。


足上げ体操


寝そべりながら足を上げて下腹を鍛えるトレーニングです。下腹の筋肉を鍛えて、脂肪をつきにくくする効果があります。

  1. 足はそろえて伸ばし、両手は広げて寝そべる(このとき十字のようなポーズになっているはず)
  2.  両足をそろえたままゆっくり上げて、90度になるように意識する
  3.  両足が上がったら、またゆっくり下ろして1の状態に戻る
  4.  10回を繰り返す
2(14)diet013261.jpg
シンプルな体操ですが、下っ腹にとても力の入る運動です。下っ腹が酷使されているのを意識しながら足を上げ下げしてみてくださいね。


自重腕立て伏せ(スロートレーニング)


こちらも簡単そうに見えますが、やってみると意外ときついので、自分の筋力に合わせてやりましょう。

  1. 両膝とつま先を床につけます。
  2. 手を肩幅の1.5倍ほどに開いて、胸のラインで床につきます。
  3. あごが床につく手前まで肘を曲げて、上体をゆっくり下ろします。
  4. 次に肘が伸びきる手前まで、ゆっくり上体を上げます。
  5. 目標回数は8回以上です。

2(12).jpg
[注意!]肘を伸ばしきってしまうとスロートレーニングの特徴である血流制限ができなくなるので、伸ばしきる前に下ろしていきましょう。

踏み台昇降


筋トレの合間に有酸素運動も取り入れましょう。
効果は、股関節周辺の筋肉、ふともも周りの筋肉、腹筋、背筋、お尻の筋を同時に鍛える運動で引き締め効果もあります。

  1. 上がって(右足)上がって(左足)下りて(右足)下りて(左足)を繰り返します。
  2. 毎日20分以上おこないましょう。
  3. 負荷は、話が出来る程度で汗ばむ位がちょうど良いです。
  4. テンポは、息が上がるスピードではしないでください。

2(13).png


いかがでしたか


全部1日でやるのは大変です。
選んで毎日実践してみてくださいね。食事制限に加えるには簡単な運動ばかりです。

でも、週に2・3回でもダイエット効果はあります、
毎日やろうと決めて1日出来なかったからと挫折してやめてしまうより、週に3回と決めた方が長続きするような気がします。

出来なかった日があればまた別の日に出来るので余裕をもって取り組めますよね。

続けることが減量への近道です。楽しく音楽を聴きながら実践してみましょう。










スポンサーリンク

-->

スポンサーリンク

プロフィール

龍神

Author:龍神
こんにちわ!!龍神と申します。
ある日、友人との温泉旅行で何気なく乗った体重計の数値に
あまりにも驚いてしまい。一大決意でダイエットを始めました。
2か月で-8キロの減量に成功しました。それからはゆる~~く実践しています。
そんな私が経験したダイエットと成功したダイエットの方法と秘訣。
ダイエットの情報をお届けしたいと思います。





運営者:龍神

カテゴリ

ダイエットの方法 (10)
地中海式ダイエット (1)
糖質ダイエット (4)
ロカボダイエット (1)
ファスティング(断食) (2)
ダイエットの情報 (17)
ダイエットミニミニ情報 (2)
未分類 (0)
プライバシー・ポリシー (1)

サイト内検索

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR