ダイエット成功の方法と秘訣!ダイエットの情報 ≫ チートデイ、ダイエットの停滞期には必要??効果のほどは??

チートデイ、ダイエットの停滞期には必要??効果のほどは??

スポンサーリンク

ダイエットを始めて色々見聞きしていると聞こえてくるのが
≪チートデイ≫ですよね!
そんな≪チートデイ≫について色々ご説明したいと思います。

2.jpg 

【チートデイ】とは


ダイエットをしていると始めはスムーズに体重が落ちていくけど、ある時期を過ぎると体重が減らない・・って時期が来ますよね!

皆さんよくご存じ「停滞期」です。

簡単に「停滞期」を知りましょう。


まずはダイエットをしているときに、必ずと言っていいほどやってくる《最大の敵》「停滞期」

その「停滞期」にぶつかってしまう原因は、身体が生命の維持をするために必要な状態を保ち続けようとする為です。

脂肪の減少によって「身体が飢餓状態にいなっている」と勘違いした身体は自然と消費エネルギーを押さえようとします。

そうすると、ちゃんとダイエットをしっかり頑張って実践していても消費するエネルギー量が減り、計画通りに体重が落ちていかない「停滞期」を迎えてしまうのです。

≪チートデイ≫はそんな体に‟飢餓状態ではなくなった”と考えさせるのです。

ダイエットの「停滞期」を解消するために‟いっぱい食べる日”を作る事です。

チートはCheat=だますをいう意味で一時的に大量のカロリーを摂って脳に食事制限をしていないとだまし、代謝を上げさせて停滞期を乗り切るテクニックです。


狙い


1、停滞期を乗り切る
2、代謝を上げる
3、これが一番大切かもしれませんが、ダイエット中の息抜き


≪チートデイ≫を成功に導くためのタイミングとコツ


≪チートデイ≫を取り入れるタイミングは?

1、停滞期が1週間以上続いてしまったら・・
2、カロリー制限中に躓いていまったら・・
3、ダイエット開始から一か月以上たっていたら・・

ダイエットを開始して1か月以上で停滞期が1週間以上も続くようなら、身体はすっかり‟エコモード”に入ってしまっています。

つまり少ないカロリーで動けるように順応しているのです。

そのままだいっとを実践していても効果が低いので、身体の代謝を上げるために≪チートデイを行いましょう。

でも、週に何回とか習慣にしてはいけませんよ!!

実際に丸一日何を食べたらいいのでしょうか?


≪チートデイ≫に決まった食事メニューはありません。

ダイエット実践中の食事以上のエネルギーを摂取することが出来れば目的達成です。

自分の体重×40kCalを目安に自由に食事メニューを決めましょう。
基本的に‟好きなものを好きなだけ食べる”ことで問題ありません。

スポンサーリンク

≪チートデイ≫のやり方


≪チートデイ≫を成功させるコツは『期間は1日だけ』です。

≪チートデイ≫の前後は必ずダイエット実践してください。そして、≪チートデイ≫は必ず1日で終了しましょう。

食生活の変動が激しいと身体に負担がかかります。≪チートデイ≫の前後だからと言って極度の食事制限をしたり、逆に≪チートデイ≫を数日継続したりするのは身体に毒です。控えましょう。

自宅でやるのなら、中途半端にならないようにあらかじめ食品を用意しておきましょう

やり方のまとめ


1、絶対1日限定にする
2、自分の体重×40kCal・もしくは基礎代謝の3倍(Cal量)
3、中途半端にしない!!

ダイエット実践中の≪チートデイ≫だからと言って中途半端に恐る恐るカロリーを摂ることはやめましょう。

脳に大きな刺激が入らなければ「停滞期」を抜け出す事は出来ません。

ケーキでもハンバーグでも何でも構いません。栄養素を考える必要はなく、脳の刺激になればいいのです。

そして≪チートデイ≫を1日でやめるためにも、自宅でやるときは食品残さないようにしましょう。特にスナック菓子などを残すとダラダラ食べてしまうので要注意です。

≪チートデイ≫に決まったメニューはありません。

普段の食事以上のエネルギーを摂取することが出来れば目的達成です。基本的に好きなものを好きなだけ食べる!
食べたい食事メニューをお腹いっぱい食べちゃいましょう。

基礎代謝量の3倍位ですから

20代の方は男性で4560Kcal、女性で3330Kcal
30代・40代の方は男性で4590Kcal、女性で3450Kcal
50代・60代の方は男性で4200Kcal、女性で3300Kcal

以上が目安になります。

ただ、普通に食べても足りない場合もあるのでしっかり食べましょう。
中途半端にせずしっかりと脳に刺激を与えましょう。

≪チートデイ≫ダイエット実践中に大食いをしてカロリー摂取をするので「体重が増えたらどうしよう」とか「増量したら悲しい」とか思ってストレスを感じてしまいがちですが、気持ちを切り替えて本気で食べることだけを意識してチートデイを楽しんでください。

チートデイをしないほうがいい人


食事制限をしていない人
減量のペースが落ちでいるだけの人
食欲を抑えることが出来ない人

基本的に体脂肪が25パーセントを超える男性に≪チートデイ≫は必要ありません。続けてダイエット実践を頑張りましょう。

そして、食事制限をせず、運動メインでダイエットをしている人もチートデイをしないほうがいいでしょう。
停滞期の原因は食べ過ぎの可能性が高いと思います。

筋トレなどを開始して半年後くらいは、筋肉量が増えてきたことによる体重増で相対的にダイエットが停滞しているように見えるだけかもしれません。

鏡で全身をみて判断しましょう。引き締まってませんか?

また、体重減少が止まっているのではなく、ただ減少スピードが落ちている人も≪チートデイ≫はしないほうがいいでしょう。

絶対にしないほうがいい人は「食欲を抑えられない人」です。

食べ始めると止まらなくなる可能性があるので、意思が弱いと思うならしないほうが絶対にイイです。

食事後でも空腹感を強く感じることで食欲に負けてダイエットが続かなくなる可能性が高くなります。

eibaunndo4.jpg 

≪チートデイ≫まとめ


ダイエットで食事制限を長くしている人は常にカロリー不足なので、≪チートデイ≫でのカロリーショックが効果的です。

体脂肪がまだ平均以上で停滞しているのは、完全に‟ホメオスタシス”の機能が働いているのでリセットさせる必要があります。

‟ホメオスタシス”とは人間が身体を一定の状態に保とうとする機能です。

「停滞期」の理由の多くは基礎代謝の低下です。
食事制限を長くしていると、少ないカロリーでも生き延びられるように身体が基礎代謝を低下させてしまいます。

≪チートデイ≫を成功させるためのコツは自己管理です。2日目の食欲の誘惑に負けないように注意しましょう。

≪チートデイ≫「停滞期」に上手に行ってダイエットを成功させましょう。

最後に

≪チートデイ≫はダイエットの見方でもあり敵でもあります。



スポンサーリンク

-->

スポンサーリンク

プロフィール

龍神

Author:龍神
こんにちわ!!龍神と申します。
ある日、友人との温泉旅行で何気なく乗った体重計の数値に
あまりにも驚いてしまい。一大決意でダイエットを始めました。
2か月で-8キロの減量に成功しました。それからはゆる~~く実践しています。
そんな私が経験したダイエットと成功したダイエットの方法と秘訣。
ダイエットの情報をお届けしたいと思います。





運営者:龍神

カテゴリ

ダイエットの方法 (10)
地中海式ダイエット (1)
糖質ダイエット (4)
ロカボダイエット (1)
ファスティング(断食) (2)
ダイエットの情報 (17)
ダイエットミニミニ情報 (2)
未分類 (0)
プライバシー・ポリシー (1)

サイト内検索

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR